銀行系カードローンとは

カードローンとは、銀行や消費者金融業者、信託業者が発行するカードを使って借入を行うローンサービスのことです。

普通、カードローンは保証人を必要とせず、ローンの保証は保証会社がしてくれます。その代わり審査があり、それに通らなければカードは発行されません。

銀行系カードローンとは、銀行業務のローンサービスです。

通常、消費者金融などからの借り入れは年収の三分の一以上は借りられない規制(総量規制)があるのですが、銀行カードローンはこの規制の対象外となっていて、年収に関係なく融資を受けることができます。

また、銀行が行っているカードローンという安心感もあり、利用してもあまり世間体を気にする必要がありません。

銀行系カードローンは基本的に消費者金融会社のカードローンと変わりありません。

しかし、金利の面では消費者金融より低く抑えられています。

これは銀行の預金を資金として貸付を行っているために可能となっているのです。

また、借入限度額については消費者金融にくらべて高く設定されています。

多いところでは300万円まで融資可能となっており、最高でも50万円とされる消費者金融より利用者のニーズに応えていると言えます。

このブログ記事について

このページは、pjが2012年11月22日 14:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バンクイック審査基準」です。

次のブログ記事は「契約に必要なもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。