バンクイック審査基準3

そして次に勤続年数 職種 など見ます。

1年~5年が普通で勤続年数が多いほど審査が通りやすく希望融資額も多めでも通りやすくなります。

勤続年数が多いと給料も上がり地位的にもよく安定している判断するのです。

逆に勤続年数が1 年未満の場合転職が多く住まいも一定していないと判断され審査に通らない原因となります。

まずは、勤続年数が1年未満の人は1年勤めてから申し込むか希望融資額を少なく申し込みをしますと審査に通りやすくなります。

そして次に移住年数や申し込みの電話の種類を見ます。

移住年数が長くそして持ち家で申し込みのときに電話が固定電話だと審査が通りやすく希望融資額が多くても通りやすいです。

逆に移住年数が少なくアパートなどの賃貸や電話も携帯で申し込みすると審査が通りにくくなる原因となります。

この場合は、やはり希望融資額を少なく申し込めば審査に通りやすくなります。

一度審査が通り毎月の返済を遅れないで返済していけばある一定期間たてば信用がえられ増額申し込みも通りやすくなりますし増額申し込みしなくてもある一定期間すぎれば融資額の枠を一定期間たてば自然に増えていくようになります。

まずは、希望融資額を少なめにして確実に審査通ることが重要となります。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年8月 7日 10:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人気のストリートファッション「お兄系」のセレクトショップ」です。

次のブログ記事は「自民党政権で泊再稼働」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。